無線APが死にかけ…そろそろ交代かなー。

ここ1ヶ月、無線LANの調子が目立って悪くなってきた。
使ってるAPはCorega WL-BARAGF というNTT専売モデル(2004年)。

1台は開発鯖に外からアクセスするのが楽なようにマルチセッションで別プロバイダでPPPoE接続、常時全力転送。すごい発熱。
もう1台はDHCP切ってCTUからの無線APとして、フル稼働。
夏場だったらわかるけど、熱暴走っぽく沈黙することが多くなってきた。
電源入れ直したらとりあえず復活するので、能力オーバーですね。

まぁ、、、24h転送しっぱなしっていうのをCoregaに期待するのがアレですが…^^;
ファイルサーバ増やしてVNCでずっとセッション張りっぱなしとかしてるからさらに転送量増えたし、限界かなー。2年、よく頑張ってくれた方かな。

11nのアダプタ買ったし、ちょっと安定したルータ買うか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。