Adobe Creative Cloud 年間プラン カード払い→ダウンロードカード引替コードで延長する

AdobeCreativeCloud のメンバーシップを延長してみた
【カード引き落とし→ダウンロードカード】

2016-07-18 15.23.18_1280

もう1年経っちゃいました(´д`)

AdobeCreativeCloud とは、会費を払い続ければ常にAdobe御大の最新版のソフトを使用し続ける事が出来るという、夢のようなサブスクリプション型のサービスです。

Adobeがパッケージ販売を停止し、すべてサブスクリプション版に切り替えるため、CS5等のユーザは、1年間だけ通常5000円→1980円で使わせてやんよ(´д`)というありがたいご配慮(キャンペーン)があったため、「とりあえず1年あれば相当長くつかえるでしょ…」と、締め切りぎりぎりで駆け込み、恩恵を受けておりました。あっという間にもう1年経ってしまいました(^_^; 1ヶ月2000円は確実に安いと思えたのですが、5000円となると…。

安いか高いかはさておき、猛烈に依存しちゃっていますので、辞めるわけはいかず…。延長してみました。

去年、キャンペーン申込み時に、オンラインでの手続き時がどうしてもうまくいかず、電話で申し込むというトラブルがあったので心配でしたが…さて、どうなる?

心配事が1つ

今回のサブスクリプション期限は7月27日でした。今日(18日)にオンラインコードで延長すると今日から1年間とかになっちゃわない?Nortonは延長の時にパッケージ買って延長しようとすると、これになってしまいますからうっとうしい事この上ないので…。

その前に過去の請求履歴をチェック

2016-07-18_15h28_50

去年の7~9月までは1980円だったのに、10月以降、突然消費税が上乗せ請求されています。支払い先がJPになったと言う事でしょうか。まあそれはおいといて。

通常、延長(契約更新更新)処理は自動で行わるので何もしなくていい

AdobeCreativeCloud、通常ですと、カード番号を登録させられており、明示的に解約しない限りは問答無用で更新され続けるので、わざわざの延長作業などは必要ないのです。

が、私は幸い、2年ぐらい前にAmazonで半額で投げ売りされていたダウンロードカード(プリペイドカードみたいなもの?)を入手しており、それを使って延長してみることにしました。

 ダウンロードカードの裏面

2016-07-18 15.23.25_1280

銀はがし部分をこすります。

2016-07-18 15.24.57_1280

登録用のコードが出てきます。クズがめっちゃ出ます。くしゃみしたら終わりです。

で、出てきたこのコードをどこに入れるか…というところなのですが、非常に不親切というかシステマチック過ぎて、理屈がわからない人はどうしたらいいかわからないのですが、確実に成功する方法としては、以下がオススメです。

1.あらかじめAdobeIDでログインした状態にしておく

2016-07-18_16h00_21

↑ブラウザでとりあえずログインしておきます。この画面からオンラインコードの引替のメニューは見当たりません…。ので、

2.別のタブを開いて、オンラインコード引替用のURLにアクセス

https://creative.adobe.com/ja/redeem
引き換える : Adobe Creative Cloud

↑上のURLは、カードに記載されています。直接打ちます。

2016-07-18_15h37_55

アクセスすると、ユーザを認識した状態でコード引替が出来ます。ログインしていないと、コード入れてからアカウントチェック…みたいな流れになってしまうかな?先にログインさせられるかな?わかりません。

自分の名前が表示されていることを確認後、カードに記載されていたオンラインコードを入力します。

規約に同意します。

2016-07-18_15h25_26

同意すると、支払い情報を入力しろと言われます

2016-07-18_15h26_40

プリペイドなので支払いは不要なのですが、サービスを利用するためには「次回(来年)更新時に、自動延長を設定しないといけない」ような規約になっているため、問答無用でカード情報を登録する必要があります。

入力を済ませると…

2016-07-18_15h26_59

2016-07-18_15h27_24

「今日から1年間」ではなく、ちゃんと、今回の期限切れから1年間の延長がされたようです。うまくいきました( ´▽`)

 

次回の更新時までに…

とりあえずこれで1年間は安泰ですが、また安売りしてくれないかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。