スプロケットを交換する(4) ― 交換後の速度計の誤差を調査編 |ぐろむとゆく!| HONDA GROM(2016 JC61)

「スプロケを替えると、速度計がズレるよ?」(その2:交換したらどうなった?編)

スプロケの歯数を変えると、その分、車両の速度計がズレが生じる

過日、Fスプロケットを標準の15T→16Tに交換しました。ということで、以前の実験と出来るだけ同条件でGROMのスピードメータと、スマホGPS速度計との比較動画を撮影しました。

前回同様、60km/hジャストで巡航するように努力しましたが、まわりには一般車が走っていますので、難しいですw( ´▽`)

(2)Fスプロケ交換後(Fスプロケ:16T/Rスプロケ:34T)のメータ撮影動画

スマホの速度表示は事後表示なのでワンテンポ遅れる&高低差があると多少ズレますのでそれも考慮した上でご覧下さい。

(比較用)標準スプロケット(15T)の動画はこちら

比較してみてください。

Fスプロケ16Tに交換後のGROMのスピードメーターは実速度(?)+3%ぐらいの表示になりました

前回と同様、走りながら観察してましたが、GROMが60km/h表示のとき、スマホのGPS速度計はだいたい58km/h ほどを指しています。このスマホのGPSがどれだけ正しいかはさておきw、60km/h台ではおおよそ3~4%ぐらい上ブレで表示される感じですかね。どれくらい変化するかは、ギア比計算で出せると思うのですが、そういうのはめんどくさいので、先人たちにお任せしますw(>_<)

特に誰も得しないであろう結果まとめw

メータ読み60km/hのときのGPS速度計の表示

標準15Tの場合 メータ60km/h → GPS速度計54km/h付近
16Tに交換後 メータ60km/h → GPS速度計58km/h付近

を指すという結果になりました。

結論(パルス変換が必要?)

スマホのGPS速度計を信頼する」という前提ですが…純正メータはFスプロケットを16Tに交換しても、実際の速度より高めに表示されています。本来はパルス変換装置などで調整しないといけないのでしょうが、高めに出ている分には、メータ読みを信用して大丈夫そうですね?

15→16程度ですと、まあ、気にしないでもええんちゃう?w というレベルです。これ以上丁数をあげると、GROMちゃんの速度計のほうが低く出てしまうはずなので注意が必要ですね。

ということで、気にしないことにしましたw

お願い

検証結果を記事にしてみましたが、内容を信じる信じないは自己責任でお願いいたします。信じた結果、スピード違反で捕まった、とか言われても知りません(^_^;みなさま、安全運転で楽しいぐろむライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。