【予約】40歳から突然始める大型免許取得 ― 絶望的な予約枠に風穴を開けるコツ【何とかして取る】

大型免許を取得しよう!

オプションコースの是非

私が通った阪奈自動車教習所は、入学申込時に追加料金を1~2万円払えば予約が優先的に取れる「オプションコース」が選べます。私は幸い、ある程度自由に時間を作れるお仕事でしたので、「空いた時間に行けばいいか~」と高をくくっており、オプションは付けずに普通のコースで申込みをしました。

ところがしかし…。

インターネット予約画面をみての絶望

\(^o^)/絶望の空きなし\(^o^)/

やる気満々で時間作ってるのに、全く乗れないとなるとモチベーションがスーパー下がりますよね…心折れ男の誕生です。オプション付けておけば良かった…と思っても入学後はコースの変更が出来ません。

キャンセル待ちもほぼ無理

普通車の教習と違って、キャンセル待ちをするにもそもそも1時間あたり2~3台ぐらいしか走ってませんので、滅多にキャンセルがありません。さすがにその間ずっと教習所内で待機するのは無駄の極みですのでそれはしませんでした(^_^;

システム屋から見た、絶望的な予約状況を少しでも切り抜けるテクニック(?)

テクニック1→24:00のメンテナンスが終わると、当日の予約は予約カウントから外れる

オプションなしだと、先の4コマ(しかも1日1コマ限定)しか予約出来ません。

例えば
11日 / 13日 / 14日 / 16日 で1コマずつ取っている状態の場合、これ以上は予約が取れないのですが…

11日の00:00を過ぎると、11日の分は4コマの枠から外れて、もう1コマ追加出来るようになります。このルールは絶対覚えておきましょうw

 

テクニック2→配車が済んだら、当日の予約に空きがあれば1時限空ければすぐ予約出来る

配車カウンターで配車してもらったら、すぐにスマホでチェックします。運良く2時間後のコマが空いていれば予約を入れてられます。

まあ、キャンセル待ちみたいなもんなのですが、テクニック1のルールに従って、当日の予約は1コマには含まれませんので、後日に4コマあっても予約可能です。

2段階は1日3時限乗れますので、奇跡的に2段階の1~3時限を1日で済ませました。

が…体力的にも精神的にもめちゃくちゃしんどかったです(^_^;3時限目はもう足と腕と頭が…(^_^;

テクニック3→窓口で、係員の人に強制取得してもらった予約枠は枠制限にカウントされない

※これはイレギュラーかも知れませんが、実際はどういう仕様かはわかりません。

1段階の最後のほうまで教習を済ませる(見極めまであと2,3時限)に近づいたとき、タイミングが良かったのか窓口の人が、「修了検定予約しときます?」みたいなことを言ってくれ(ることがあり)ました。

とりあえずお願いしてみると、修了検定の日程を1つ決めて、それに合格する前提でw 係員さん用端末で路上教習の予約を4コマ新たに入れてもらうことが出来ました。

この段階で、手持ちのコマは許容オーバーの6コマぐらいになるのですが、窓口で入れてもらった予約はコマ制限にはカウントされず、所内教習が終了後、車種を路上教習に切り替えて予約してみると、ずっと6コマ~7コマぐらいをキープしたまま路上教習の予約が追加できました。

窓口で取ってもらった予約枠は別枠扱いなんでしょうね。ただし予約枠をキャンセルしてしまうともう枠は回復しませんので気をつけましょう。

幸い、修了検定「は」予定通り無事合格できましたので、2段階に入ってから最初の方はけっこう詰め詰めなスケジュールで教習を受けることが出来ました(^_^;

 

他にも、5分おきにリロードを繰り返して、枠が空けばアラートを出す、みたいなスクリプトを作ったり、訳のわからんことをずっとしてましたwそういうことに時間を掛けるのが大好きで…(^_^;

 

…誰特テクニックですが、とりあえず思い出として残しておきます。

 

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。