phpからメールを送るとX-Authentication-Warningヘッダがご丁寧に

自鯖から、sendmail をApache経由で -f 付けてfromを変更して送ると

送信したメールのヘッダにこのように

Message-Id: <2010********.******0**1*214@kyosuke.net>
X-Authentication-Warning: kyosuke.net: apache set sender to *******@***.********.ne.jp using -f
To: *******@ezweb.ne.jp

X-Authentication-Warningが付加される。

まぁ偽装されてるかもしれませんよ!と
「fromが書き換えられているので信頼できないかも知れません」
ご丁寧に教えてくれるわけですが、これで配信すると迷惑メールフォルダにぶち込まれたり、
キャリアによっては届かないこともあるので、

sendmail.cf をいじってもいいけど、
/etc/mail/trusted-users に信頼できるユーザとして apache を加えればOK

# trusted-users - users that can send mail as others without a warning
# apache, mailman, majordomo, uucp, are good candidates
apache ←追加

sendmailの再起動も不要でこっちのほうが早い?

One thought on “phpからメールを送るとX-Authentication-Warningヘッダがご丁寧に”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。